洗脳されている面接官

つぶやき

先日また面接に行ってきました。
この会社さんは前職と同じような業種で、今までのキャリアが活かせるのではないかと思って
応募したのですが、仕事の後に面接に行くのはしんどいなぁ。
でも頑張りますよ!
この会社さんは都会中の都会の街にあり、歩いているだけでオシャレな気分になってしまうような場所にありますw

で、面接なのですが最初に性格の傾向を見るようなテストを行い、その後に面接となりました。
面接官は私よりも少し年下の女性。感じが良い方でした。が・・・
最初にこの仕事のマイナス面をつらつらと言われて、「それでも大丈夫ですか?」と。
そこで「嫌です」と帰る人はいるのでしょうか?
まぁ、akebiもその段階で心の中で「ナシだなぁ・・・」と思ってましたがw
そして、とにかく数字に強い人が欲しいとの事でしたが、何を隠そう(?)akebiは
数字が大のニガテで、現在の仕事の悩みも数字で悩まされてしまっているのです。
だったら最初から「とにかく数字に強い人募集」って書いていて欲しい・・・

そして給与面や残業についての話を聞いたところ、残業はとても多いらしく
その分給料も良いとの事。ちなみに残業代はみなしでした。
そして、どのくらいの収入かというと、その面接官の女性いわく
「自分名義でマンションが買える」くらいの収入だそうで、これまたビックリ。
これだけ給料が良くないとやってられないくらいハードな仕事である事は分かりました。
しかし、仕事内容が完全にミスマッチなので、お互い「違うなぁ・・・」と思って終わったのでした。
ちなみに残業はこの面接官の人が一番多いらしく、でも
「この世代(就職氷河期)って残業時間の概念がもうおかしいですよねw」なんて言ってました。
その表情はもはや会社に洗脳されている感が・・・
それは前職でもうコリゴリなので、今回の面接もムダ足に終わってガックリきたのでした。

早く現職から脱したいばかりに色々焦っている感が出てきました。
ここで今一度、本当にやりたい事を見つめなおさなくては。

 



 

洗脳 地獄の12年からの生還

完全教祖マニュアル (ちくま新書) [ 架神恭介 ]

ポチっとして頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村


転職活動ランキング


アラフォー日記ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA