「ねばならない」を取り除く

30代

前職と比べて、残業時間が増えてしまったので(給料は少し上がったけどみなし残業)、

自宅でブログを書く時間や、副業を行う時間を捻出するのに難儀していました。

加えて趣味の時間も欠かせないし、英語の勉強もしたい・・・

と、なると優先順位はその日の気分次第になってしまうため結局どれも満足いく結果にならず、悶々としていました。

しかし、色々見直してみたら「通勤時間を有効に使うしかない!」という結論に辿り着きました。

前職の時も通勤時間が全前職よりも長かったため、通勤時間を英語の勉強に充てよう!と、

電車の中でアプリを使って勉強する事にしました。このアプリがまた、累計勉強時間を記録してくれるので、

モチベーションが上がって日々の習慣に取り入れる事ができるようになりました。

おかげで、前回よりも長文問題の正解率が少し高まりました。

しかし、行きはともかく帰りは仕事で疲れてしまっていて、頭に何も入らないので

SNSやネットニュースを読みふける事に。

これはこれでストレス発散にもなって良いのですが、今回はそこをまた見直してみました。

帰りは疲れててインプットできない⇒じゃ、アウトプットの時間にしてみたら?

という事で、電車の中でスマホでブログの文章作成をしてみたら「乗り換えまでには書き上げる!」と、

ガッと集中できるようになり、とても効率が良くなりました。

今まで「文章はパソコンでなくては長文は書けない」と、思い込んでいたのですが、

何度か繰り返してみると昔よりもフリック入力も慣れているので案外イケルじゃん!と、なりました。

ストレス解消もできて、さらに電車が遅延していても「書く時間が増える!」となって、一石二鳥です。

実はこの「ねばならない」を取り除くというメソッドは、私が前々職で横領部長に腹立て過ぎて、

「いつかこいつをぶん殴ってしまいそうだ」と、悩み過ぎて(今思えばその時点でそんな会社辞めればよかったのですが)

その他「生きにくい」と、感じていたストレスがたまり過ぎて、カウンセリングに行った時に教えてもらった事なのです

余談ですが、このカウンセリングは10回ぐらい受けたのですが、最初の三回ぐらいで充分だったな〜という感じで、

引き伸ばししようとしている様子が透けて見えたのと、先生が結構高圧的だったがだんだんムカついてきて、

バックれて終了しました(笑)相性はあるものですね・・・

しかし、最初に言われたこの言葉はカウンセリングのメソッドにもあるのでしょう。

確かにある意味こだわりが強すぎて、それが自身の幅を狭めている事に気がつく事ができました。

それからは、「ねばならない」を取り除くよう意識するようになりました。

実は長年の思い込みに囚われて動けなくなっている事は多いのではないでしょうか?

見直してゆくと少し生きやすくなるのではないかと信じています。

 

■Amazon


生きづらいでしたか?: 私の苦労と付き合う当事者研究入門

■楽天

生きづらいでしたか? 私の苦労と付き合う当事者研究入門 [ 細川 貂々 ]




 

twitterやってます!フォロー宜しくお願いします!

ポチっとして頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村


転職活動ランキング


アラフォー日記ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA