つぶやき

結局akebiが新しい部署に移動になるので、新人さんに現在のakebiの仕事の引き継ぎを行っているのですが、よく考えると入社して三か月そこそこの私が引き継ぎするのっておかしくない・・・?

という事に、今更ながら気が付いたakebiです。

効率を考えるとベテランが新人の教育をするのでは?と思いますが、どうやらうちの会社では違うようです。

そんな日々にモンモンとしているのですが、先日たまたま友人が隣のビル(超有名企業・自社ビル)で働いているので、わざわざ昼休みの時間にakebiの会社が入っているビルまで来てくれて、その中のお店で一緒にランチをしてきました。

このオフィスビルはランチタイムはどこのお店も混み合ってしまう事と、akebiの会社の昼休みは50分しかないので、外に出てもあまり落ち着かないのと節約もあってもっぱらお昼はコンビニかお弁当持参しているのでした。

そんな事情を汲んでくれてありがたい事に、昼休みの時間に融通が利く友人が先にお店に入って席を取ってくれていて、感謝しかありませんでした。



しかも、現在の会社では昼休み中は省エネと称して、フロアの電気の大半を消灯しているので、うす暗い中デスクで先輩達とモソモソお昼を食べる・・・という味気ないランチタイムとなってしまっているのでした。これが地味にストレス・・・!

特に前職はランチの場所には困らない街だったので、「お昼にアレ食べて元気出そう!」というストレス発散が出来ないのは地味に辛いです。高いものでなくていいのです。「食べたい」と思ったものを食べられないのはつまらない・・・

さて、そんなランチ事情ゆえに友人とのランチタイムは短い時間ではありましたが、凄く救われる時間でした。友人に現在の職場の環境を伝えたら「ありえない!」「それはひどい!」との事ですw最先端の企業で働く彼女からしたら、取引先から書面がFAXで送られてくるなんてありえないよな~w

しかし、その友人も独身時代は最先端の技術の開発部署でバリバリやっていたのですが、結婚~子育てで時短勤務を選択するにあたり、向いていない業務内容へ移動せざるをえなくなってしまい、最初の2年間は本当に辛い思いをしたそうです。そんな事すら知らなかった私は、「時短させてくれるなんて大企業っていいよな~」なんて思っていましたが、やはりそれぞれ悩みはあるものです。

お局さんが特に最悪に意地悪だったらしくて、みんなの前でどなられて泣いてしまった事もあるそうです。そんな中でもちゃんと子育てを仕事を両立させている彼女は尊敬しかありません。

向いていない事と向き合っているのは私だけじゃないんだ!と、勇気をもらった気分です。

またランチが出来れば良いな~と思います。

 




フレンズ-コンプリート シリーズ シーズン1-10[PAL][Blu-ray][Import]

【中古】 だいじょうぶマイ・フレンド 集英社文庫/村上龍(著者) 【中古】afb

パソナキャリア

twitterやってます!フォロー宜しくお願いします!

ポチっとして頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村


転職活動ランキング


アラフォー日記ランキング




コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA