履歴書にも書ける!化粧品検定の1級を受験してきました。

30代

ここ1ヶ月ほどプレッシャーだったとある試験が終わりました。

とはいえ、何の試験なのさ?って思われる方もいらっしゃると思うので・・・

日本化粧品検定協会主催の「日本化粧品検定」の1級の試験を受けてきました。

実は前々職の時にも、取得が推奨されてて受験したのですが、

その時は退職も決まっててやる気が無かったので、勉強してたのは一週間ぐらい・・・

それでも仕事で携わってたところもあったので余裕だろ、とタカをくくってたら見事に落ちました(笑)

で、現職でも推奨されているので、受験費用は会社が出してくれるので(落ちたら自腹)、

再度トライしてみました。

今回は受験を決めたのは試験の1ヶ月半前のこと。

そこからは、前回受験の教科書と問題集を引っ張り出して

問題を解いては苦手なところを復習する、というのを真面目にやってみました。

 

ちなみに今回感じた事としては

 

・公式サイトでしか販売していない問題集は簡単過ぎる!

これは前回も感じた事ですが、化粧品検定は過去問集が公式サイトからのの販売しかないので、

そこで通販して、それに頼るしかないのですが、この問題集があまり役に立たない・・・!

苦手分野を把握するためには、やっておいた方が良いです!が、

本番はもっと難しい文体だったり、テキストの赤文字ではない箇所からもバンバン出てくるので、

テキストはしっかりと読み込んで、単に暗記するだけではなく、

仕組みをきちんと理解した上で取り組むしかなさそうです。

 

・早めに申し込んだら貰える問題集とほぼ同じ問題が出た!

これは、最初に受験した時には無かったのですが、

今回は●日までに申し込んだ人には問題集をあげる、というキャンペーンをやっていたようで、

私が申し込んだ時には期限は過ぎていましたが、先に申し込みをしていた会社の優しい先輩に写させてもらいました。

こちらは本番に近い内容で、かつ本番にも同じ問題が出たりしたので、

次回ももらえるかは現時点では不明ですが、これから受験を検討している人は

試験の日程が出たら速攻申し込んで貰っておきましょう!!!

これで5点ぐらいは違ってきたはず・・・

 

・前より簡単になった?

前回の受験時にはあまりにも勉強をしていなかった、という事もありますが、

個人的に「これはサービス問題では?」と、感じる問題が前回受けた時よりも多かったように思います。

受験者は回を重ねるごとに増えていると思うのですが、化粧品検定の1級を取得すると、

コスメコンシェルジュの資格を取得する事が出来るのです。

しかしそれには所定の認定プログラムの受講が必要、そして、さらに料金も発生するので、

1級取得者の間口を広げて、コスメコンシェルジュを増やして協会は受講費でガッポガッポ・・・

ってのは邪な推測でしょうか(笑)

公式の問題集はあまり実用的ではないし、1級取得の為の勉強セミナーはやたら高額だしで、

お金の流れ方が少し「なんだかな〜」とは感じています。

でも、フリーランスでコスメ系の記事を書いていきたい!と、いう人にはハクが付く肩書きでもあるし、

化粧品、美容に携わる人は履歴書にも書けるので、取得しておいてもソンはないかと思います。

 

化粧品検定は、教科書に書いてある事しか出ないので、

時間をかけてコツコツやっていけばいきなり1級の受験も独学でも大丈夫です!

履歴書に資格の箇所に何も書くことが何もないという方は、こちらで3級の受験が可能です。

これはネットで出来るのと、無料なので是非トライしてみて下さい!

私は転職時に活用しました(笑)

なんて、つらつら書いてますが結果が届くまでは試験は終わっていません。

合格しているように祈って下さい〜!!!

自己採点では、ギリギリいけると思うんだけどなぁ。

 

 




■Amazon

日本化粧品検定 1級対策テキスト コスメの教科書

■楽天

日本化粧品検定2級・3級対策テキストコスメの教科書第2版 コスメコンシェルジュを目指そう [ 小西さやか ]

 

ポチっとして頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村


転職活動ランキング


アラフォー日記ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA