面接で採用・不採用が分かるサインとは!?

30代

沢山の面接を受けてきていますが、正直なところ

「●●だから不採用」だと確定するようなサインはありません。

しかし、これだと不採用の可能性は高い・・・という傾向はあるので、

今回はそのあたりを書いていきたいと思います。

 




・面接時間が短い

効率化のために面接時間を短くとっている企業もあるかとは思いますが、

やはり採用という会社にとっての大切な決断において、あまりにも時間が短すぎるのは

先方がこちらに対して興味を持っていないサインでもあります。

今までの中で最短10分程度という面接がありましたが、やはりそこは不採用でした。

でも、こういう時ってこちら側も手応えのなさを感じたりしているので、

この手応えのなさは残念ながら当たっているものと考えても良いでしょう。

しかし、15分の面接で採用が決定したこともあったので、一概にとは言えませんが

その面接を受けた会社は後にハローワークに報告をしたところ

マルチ商法を行なっていることが発覚し、辞退した会社でもありました。

やはり、まともな会社は人を採用する時に慎重になるものなので、

残念ながら面接が早々に終了してしまった場合は、ご縁がなかったと思って

次に切り替えましょう。

 

・面接と関係ない話が延々と続いていく

じゃあ、時間が長ければ良いのかと思えば、そうでもありません。

過去に経験した面接の中で、時間はものすごく長かったものの

不採用となったケースもありました。

このパターンで考えられるのは

・こちらに興味はあったものの他にもっといい人がいた

・面接早々に「こいつは違う・・・」と、思われたものの時間枠いっぱい時間を潰している

前出のパターンは分かるとしても、後出のパターンは「だったら早く終わらせてくれ!」と、

思っちゃいますよね。

しかし、過去に経験した面接の中で「明らかに終了時間まで潰そうとしている・・・」と、

思われるような面接が何度かありました。

見分け方としては、会社の歴史などを延々を後半に語るパターンです。

そして、このような面接を行うのはだいたい役職がついている人ですが、

ある程度仕事をしていれば給料はもらえるような体質の古い体質の会社なので

ある程度地位が上がれば、給料はそのまま貰い続けることができるのですが、

このような会社は現場にしわ寄せがいきがちで、役職がある人の仕事は

そのチェックをするぐらいなので、要は暇だったりするのです。

なので、時間いっぱいは一応仕事をしたふりをしておこうかな〜、というような姿勢が

透けて見えるような面接だったと感じました。

こちら側からしたら、冗談じゃないよ!って話ですけどね・・・

 

・結果までやたら待たされる

これは何度か遭遇したことがあります!

最悪なパターンだと、期日をすぎてもなかなか連絡が来なかったり、

連絡が来ないサイレントお祈りということも・・・

会社としても、「この人が欲しい!」となった場合には、

早めに連絡を取ることが多いのですが、長く待たされる場合には

先の日程で気になる候補者がいて、その面接が終わるまで待たされてしまっているのです。

そして、その候補者と比べて落ちてしまう・・・というパターンですね。

だいたい一週間以内に連絡をくれるのが一般的ですが、その期間を大きく超える場合には

上記の可能性がありますので、その間にも他の企業に応募はしておいた方が

得策と言えるでしょう。

 

転職活動を続けていると、何度もお祈りを受けたりしますが、

その度に落ち込む必要はないと思います。

落ちたのは、あなたのせいではなくて、「ご縁がなかった」だけなのです。

自分を責めず、反省するべき点は次に活かして活動を続けることは辞めないでくださいね。




 

■Amazon

面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと

 

■楽天

面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと【電子書籍】[ 海老原嗣生 ]

twitterやってます!フォロー宜しくお願いします!

ポチっとして頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村


転職活動ランキング


アラフォー日記ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA