生命保険会社への転職ってどうなの!?

30代

今でも一応一部の転職サイトのメールマガジンの登録は行なっていて、ときおり情報をチェックしたりはしています。

そして、気になった会社には「気になる」ボタンを押しておいて、求人情報が上がった時には情報が入るようにしています。

今のところ転職は考えていませんが、アンテナは張っておいた方がいざ転職しなくては!と、なった時に便利であることを昨年2度も転職した経験から身についていますのでw




さて、そんなアラフォー女にも時々「スカウトメール」なるものが届くのですが、そんな中身はだいたい生命保険会社の営業だったりします。

全く保険の知識ナシ、ましてや私は生命保険に入っていないというのに、こんなアラフォー女でも採用してくれるの?スカウトまでしてくれるんだし!

と、気になってきたので、実情を調べてみました。

そうしたら、様々な情報の中に転職会議の記事がヒットして、これは信憑性が高そうだと読んで見たところ、

まぁ不満の嵐が出てくるわ、出てくるわでした・・・!

半年だけ勤めていた前職の職場は、大きい会社だったため、職場が入っているビルのフロアーに生命保険会社の営業の方が営業に来ていました。

ティッシュやチラシにアメちゃんを付けたものを配ったりしていて、しかもそれを配布しているのは若い女性だったこともあり、男性社員(オッサン)が、若い女の子としゃべりたさに足を止めるという・・・

で、女性社員には煙たがれる存在だったりして。

ザ・フェミニストの方が見たら眉をしかめそうな風景が休憩時間や退社時間に繰り広げられていました。

そんな営業努力で配布しているアメちゃんや、オリジナルのチラシや粗品は自腹で用意することが多く、契約が取れないとその粗品にかかる費用がキツイとのことでした。

そういえばオリジナルの新聞みたいなチラシを作って配布したり、うまい棒を配っている方がいましたが、あれはみんな自腹だったのか・・・

そして生命保険の営業といえば、ノルマが厳しいというイメージがありますが、やはりノルマ、ノルマという言い方はしないものの、実質的にはノルマがあるのと変わらないようなプレッシャーがかけられるようです。

家族や親戚を加入させざるを得ないような状況となり、そのことに嫌気をさして退職する方も多いとか。

 

やはり過酷なお仕事であるイメージは、本当のことだったようです。

しかし、なぜそれでも働く人がいるのかというと、子育てをしながら働きやすい環境や、融通がきく勤務時間帯だったりすることが多く、「働きたいママ」にとって環境は便利であることが多いようです。

営業の仕事が好き、押しの強さなら負けない!という人にとってはアリな選択肢ではあると思います。

しかし、高い離職率が示すように向いている人でないと、長く働くことは厳しい環境であるように思います。

企業側も大量の離職者を見越して大量採用を行う傾向にありますので、アラフォー女でもスカウトが来る、ってのが実情のようですね。

安易な気持ちで入社すると、そのハードルの高さに参ってしまう可能性が高いので、しっかりと「保険で食べていく!」という覚悟がないとなかなか長く続けることは困難なようです。

 

ちなみに、最近目にした「生保社員200人に「加入している死亡保険」アンケート」という記事。

結果は驚きの結果でした。

実情を知っているとそうなっちゃうよね〜って結果でしたw

 

 

 

 

■Amazon

 

■楽天

 

ポチっとして頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ

転職活動ランキング

アラフォー日記ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA