TOEICは転職に有利?

30代

先日TOEICを受けて来ました。

現在の仕事には関係ないと言えば無いし、点数が高ければ実際に会話力と繋がるのかと言えば、

必ずしもそうでは無いと言いますが、自分の実力の立ち位置を知ることで、

勉強のモチベーションにも繋がるのと、履歴書に書けるし・・・と、いうことで受けています。

また、英語は使わなければ忘れてしまうので、週1で英会話にも通っています。

前回受けた時は自宅から30分程で行ける大学が会場だったので、今回もそのつもりでいたら

今回は凄く面倒な場所にある大学で、行くだけでも疲れました(笑)

花粉症持ちなので試験中にクシャミが止まらなくなったらどうしよう・・・

と、いう心配もしてたりで落ち着かなかった!

肝心の試験は、集中していたら時計を見るのを忘れるという致命的なミスで、

マークシートを塗りつぶせない箇所を出してしまうというあり得ない結果に・・・

マークシート方式は、分からない箇所でも、とりあえず塗っておけばダメ元で少しは点を稼げるのですが、

今回は人生初のミスを犯してしまい、終了後は落ち込みました・・

ある意味、本当の実力が反映されるので良かったと思うしかない~

ちなみに私のスコアですが、2年前に初めて受験した時は635点でした。

ドヤ顔で履歴書に書ける点数ではありませんね・・・外資系なんてもってのほか(笑)

こちらのサイトによると、やはり今は700は欲しいところという傾向にあるようです。

そういえば、エージェントでもそのように言われたなぁ。

しかし、少しでも履歴書に書ける事があれば、やはり採用の加点要素にはなるので、

取得できるのであれば取っておくと良いと思います。

前職では貿易にも関わる可能性がある、って事で少しは採用の加点要素に入ったようですが、

英語を使う事無く終えてしまいました・・・w

なぜ私が英語を勉強しているかというと、ある意味趣味のようなものです。

中学、高校と英語教育に熱心な学校だったのもあったのと、英語は好きな学科だったので、

英語に触れることは苦痛では無かった、というのも大きいです。

また、父親が英語で仕事をしてきた人なので、分からないところはすぐに聞ける環境的も良かったのでしょう。

英語を勉強してきた事によって、海外に旅行に行った時に観光には困らなくなってきたので、

通じた!⇒嬉しい!⇒もっと頑張る!

と、いう成功体験がモチベーションになっているのだと思います。

昨年末に台湾に行った時に、足つぼマッサージのお店で担当してくれたお兄さんは日本語は話せないけど、

英語ならOKだったので、色々と美味しいお店の話や、おススメの火鍋の素の話が聞けたりしたので、

勉強してきて良かった!と、嬉しかったです。

そして、TOEICを受けるのは自身の立ち位置の確認にもなります。

しかし、文法はいつまで経っても好きにはなれません。

通じるからいいじゃん!ってなってしまう(笑)

だから、ビジネス英語のレベルにはなかなか到達出来なそうです。

と、いうタイミングで、吉本ばななさんのNOTEで、おススメの英文法の本が紹介されていたので気になる・・・!

TOEICの結果は、約三週間後。

前回よりもスコアが上がっていたら嬉しいのですが、下がった場合は今年また受ける予定です。

教訓:マークシート方式は、分からないところはサッサと塗っておいて、時間が出来たらちゃんとやり直す!

(そんなんでいいのか?)



■Amazon


おススメの英文法の本

■楽天

【店内全品5倍】一億人の英文法 すべての日本人に贈る-「話すため」の英文法/大西泰斗/ポール・マクベイ【3000円以上送料無料】

 

twitterやってます!フォロー宜しくお願いします!

ポチっとして頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村


転職活動ランキング


アラフォー日記ランキング

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA