面接対策、どうする?

応募

面接にやっとこぎつけた!だけど苦手・・・という人は多いと思います。
akebiもそうでした。と、いうより面接に慣れてしまうって事は
それだけお祈りされてきた数も多いって事で。

面接は今回30件ぐらい行っていますが、流石にそれだけ数をこなすと
段々と要領も得るようになりましたので、
今回の経験から感じた事を少し記載してゆきたいと思います。

大体の面接で聞かれる項目は大まかに分けるとこのような感じでしょうか。

■自己紹介
■志望動機
■退職理由
■希望する給与額
■家族構成(履歴書の扶養家族や配偶者の欄の確認)
■いつから働く事ができるか

それぞれについてあらかじめ考えておいて面接に臨みましょう。

akebiがお世話になっていたわかものハローワークでは模擬面接を行ってくれましたので
そこで色々と対策を練ってもらいました。
まず最初に手こずったのは「自己紹介」。
自己紹介って何を言えばいいのさ・・・と、頭を悩ませたものです。
最初は履歴書に記載している職歴を元に、退職理由含めて述べていましたが、
模擬面接を録画した映像を見て振り返ったところ、天使さんに
「自己紹介に5分かかっているね・・・長過ぎるよ」と言われました。
退職理由は気になる場合は先方から聞いてくるものなので、あえて最初に述べる必要はなく、
簡潔に2分ぐらいでまとめるといいとアドバイスを頂きました。

また、模擬面接で「何故この会社を志望するのか」が弱いとも言われたので、
事前にその会社についてHPを見ておいて下調べをして、志望動機と結び付けましょう。
本音を言えば、「お金のためと、自分のスキルと合致したから」以外の何でもありませんが、
それは流石にねぇ・・・・www

最近はコンプライアンス的に家族構成や結婚の予定などを聞かれるのはNGとされていますが、
家族構成は必ずと言っていいほど面接で聞かれました。
これは将来的に介護の有無の確認なんかもあるのかな・・・と勘ぐってしまいました。

退職理由については「人間関係が嫌になったから」「環境がブラックだったから」という本音を言いたくとも
「自分が持つ〇〇というスキルをもっと活かした仕事がしたい」
「以前から〇〇に興味があり、チャレンジできる環境だと感じたため」
など、本音は隠して前向きな理由を作っておきましょう。

ちょうどリクナビNEXTに良い記事を見つけたので、リンクを記載しておきますね!

■「ネガティブな退職理由」を「ポジティブな転職理由」に変換するには?
https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/1951/?vos=dynmrmgmkpt15

マイナス理由をうまくポジティブ要因に変換するコツが記載されていますよ。

色々と会社によって面接で聞かれる内容はあれど、これらの内容は必須だと思うので
まずはこれらをしっかり固めておきましょう!
最初はとても面倒に思えますが、これをしっかり行っておくと使いまわしも出来るので(笑)後がラクです!
またの機会に二次面接との内容の違いなども書いてゆきたいと思います。
面接は本当に最後まで苦手でした・・・が、避けて通る事は出来ないので事前の対策をしておくことで
気持ちもずいぶん違ってくるので頑張ってゆきましょうね。

受かる! 面接力養成シート

 

一問一答面接攻略(’20) 完全版 [ 櫻井照士 ]

twitterやってます!フォロー宜しくお願いします!

ポチっとして頂けると更新の励みになります!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 40代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村


転職活動ランキング


アラフォー日記ランキング

 

スポンサードサーチ




コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA